能楽堂 京都観世会館

雨月(うげつ)

あらすじ

 西行(ワキ)は京都の嵯峨野を出発し、大阪の住吉明神に参詣します。到着したのは日暮れ時です。釣り殿のあたりで庵を見つけた西行は、宿を借りようと声をかけます。庵には老夫婦が暮らしていました。この庵の軒端の屋根は変っていて、月を好む姥(ツレ)のため軒の半分は板を()かず、雨を好む尉(前シテ)のため雨音がするように板を葺いてあるのです。月か雨か、老夫婦は西行にどちらを好むか尋ね、さらに「賤が軒端を葺きぞ煩ふ(粗末な庵の軒端を葺くのに困っている)」という下の句に、上の句をつけることを宿泊の条件として出します。西行は少し思案して「月は()れ、雨は()まれととにかくに(月明かりは漏れてほしいし、雨は漏れずに音を立てて溜まってほしい…と、あれこれと思い)」と詠みます。老夫婦はその歌に感心し、西行を庵へと招き入れます。時雨(しぐれ)のような松風、その風で散る落葉、(きぬた)の音、十五夜の満月、美しい秋の夜を存分に堪能(たんのう)して、西行と老夫婦は眠りにつきます。

 末社(まっしゃ)の神(アイ)が現れ、老夫婦が住吉明神の化身であったと語ります。さらに住吉明神は、神社の番をする老人に()き、西行のために再び出現されると告げます。

 住吉明神の憑いた宮守の老人(後シテ)が現れ、和歌の徳を賛美し舞います。さまざまな事象が和歌の源であることを告げると、住吉明神は天上界へ上がり、宮守の老人は正気に戻ったのでした。

見どころ

 西行(1118-1190)は、平安時代末から鎌倉時代初期に生きた僧です。そもそもは鳥羽院に仕える武士で、佐藤義清(のりきよ)(憲清とも)と言いました。23歳で出家し、諸国を行脚しつつ数々の和歌を詠みました。『新古今集』には入集した歌人の中で最多の94首がとられている、和歌の達人です。

 能〈雨月〉は、西行の著作と思われていた鎌倉時代の仏教説話集『撰集抄(せんじゅうしょう)』巻5に見える、時雨(しぐれ)が降り雨漏(あまも)りで困っている尼と連歌の付け合いをした話に取材しています。

 優れた歌人西行と和歌の神・住吉明神の化身である老夫婦との(つか)()の出会い、そして西行を祝福する住吉明神の舞、〈雨月〉は、和歌と風雅な心を賛美する作品と言えるでしょう。

 後半の主役は、神社の番をする老人に憑依した住吉明神です。その装束には、宮守の老人の出立と住吉明神の出立との二通りがあり、憑依されている側と憑依した側、どちらに重きを置くかで演出が異ります。宮守の老人の出立では、結い上げた尉髪(じょうがみ)翁烏帽子(おきなえぼし)。憑依している住吉明神を強調する場合には、肩まである白髪を結い上げずに垂らす(しろ)(たれ)初冠(ういかんむり)です。また、手に携える持ち道具も、(へい)(白い紙を段々に切り竹や木に挟んだ神事に用いる道具)と木綿(ゆう)付の(さかき)(常緑樹の枝)の場合とがあります。

 住吉明神が宮守から離れたことは、幣また扇を上に上げるか、後へ投げ捨てる所作で表現されます。終曲部にもご注目ください。

top